陰茎のしこりや湾曲の痛みはペロニー病の症状

医者

再び流行

レディ

梅毒は一昔前に世界中で流行った不治の病気ですが、現在再流行しています。適切な治療法が確立されているため、早めに検査を行ない、必要であればしっかり治療を行ないましょう。

この記事を読む

検査の時期

医者

梅毒は進行すると命に関わってきます。潜伏期間があるため、早めに発見して治療する必要があります。自身に症状がある場合、相手も感染している可能性が高いためできるだけ二人とも検査を受けるようにしましょう。

この記事を読む

若い女性にも多い

女医

尿漏れは年配の人だけでなく、若い女性にも多いというデータが出ています。泌尿器トラブルは一人で悩みを抱え込みがちですが、適切な治療を受ければ治せるので積極的に受診しましょう。

この記事を読む

痛みや湾曲を治療

メンズ

ペロニー病という言葉を知っている人は少ないかも知れません。ペロニー病は陰茎の海綿体白膜にしこりができる病です。このしこりが原因で、陰茎の痛みや湾曲、勃起障害などが起こります。陰茎は男性にとって性行為や排泄の際になくてはならない部位であるため、その機能に障害があると様々な不便を感じるでしょう。症状が既に現れている場合は、早めに治療を行なう必要があります。ペロニー病は発症しやすい体質があるのも事実ですが、年令によっても差があります。調査の結果、年配の人に多くなっていて痛みのない湾曲だけの症状がほとんどです。ペロニー病のしこりは良性であるため癌になることはありません。しかし、中には癌のしこりであるケースもあるので、早めに受診することが早期発見につながります。ペロニー病のしこりか癌のしこりかを正確に診断するのは難しいです。しこりの一部を切除して組織検査を行なうこともあるため、専門医のいる医療機関で診察を受けましょう。ペロニー病の診断には超音波屋MRIなどが用いられます。陰茎内部に石灰化が確認できれば、ペロニー病であると言えます。治療方法として投薬や手術があり、どの方法を用いるかは医師と相談して決めると良いでしょう。陰茎の状態を見る検査として自宅などで勃起時の写真を撮りますが、湾曲の測定を正確に行なうために手術の際に人工的に勃起を起こします。陰茎をまっすぐ綺麗に治療することで、しこりや湾曲で感じていた痛みも解決するでしょう。