検査の時期|陰茎のしこりや湾曲の痛みはペロニー病の症状

陰茎のしこりや湾曲の痛みはペロニー病の症状

女性

検査の時期

医者

不治の病として恐れられていたものに梅毒があります。梅毒の治療方法が確立された現在、再び流行しているため注意が必要です。梅毒はあらゆる性行為やキスでも感染するため、性行為を行なう際などはコンドームを使用することは必須ですが、その前に定期的に検査を受けておいたほうが安心です。検査を行なっているのは、保健所や病院などの医療機関です。最近は自宅で行なえるセルフ検査キットも販売されているので、忙しい人や医療機関での受診に抵抗のある人も気軽に受けられます。セルフ検査キットは匿名で受けられる点も魅力です。しかし、確実に検査を行ないたいという場合は、やはり医療機関で受けるほうが良いでしょう。梅毒の症状は感染後およそ3週間辺りから出てきます。パートナーも感染している恐れがあるので、できるだけ二人で検査を受けた方が安心です。感染後4週間辺りから梅毒血清反応検査が可能なので、感染が疑われる日から数えて受けるようにしましょう。病院で受ける場合は、皮膚科や性病科、泌尿器科や婦人科などでできます。気になる症状が今既に出ている人は、病状が深刻にならない内に早めに検査したほうが良いでしょう。進行してしますと、治せる病も治せません。深刻になると命に関わる病絵あることに変わりはないため、早期発見が大事です。梅毒の検査費用は医療機関によって異なりますが、病院では5000円以内で行なえます。その他に保健所などでもできるので、情報を集めて、早めに受けるようにしましょう