再び流行|陰茎のしこりや湾曲の痛みはペロニー病の症状

陰茎のしこりや湾曲の痛みはペロニー病の症状

女性

再び流行

レディ

梅毒は一昔前まで治療法がなかったため、不治の病として恐れられていました。抗生物質の開発で一時は患者数がかなり減りましたが、現在再び流行しているため注意が必要です。梅毒はトレポネーマという菌が、皮膚や粘膜の小さな傷から体内に侵入することで起こります。体内に入った梅毒金は血液に乗り全身に広がります。感染の主な原因はあらゆる性行為です。セックス、アナルセックス、オーラルセックスで感染しますし、口に梅毒の病変部位がある場合は、キスでも感染します。母子感染で起こる先天梅毒は、妊婦健診があるためほとんどありません。しかし早い内に検査を受けて、必要であれば適切な治療を受ける必要があります。梅毒には潜伏期間があるからです。初期の症状として、性器や口、肛門や手指などに痛みのない小豆大のしこりが見られます。また、リンパ節の腫れも起こりますが、ともに痛みがなく放っておくと2~3週間で自然に消えてしまいます。感染後およそ3ヶ月に現れるのが、ピンク色の円形のあざや、赤茶色の盛り上がった小豆大のブツブツ、脱毛症状などです。これは3ヶ月から3年程続きますが、この症状もまた自然に聞けていきます。この後、大きめのしこりができたり、末期になれば心臓や神経、目などに思い障害が出てきたりします。早めに梅毒の検査をすることが何よりも大事です。梅毒はHIVと同じように潜伏期間があるため注意しましょう。梅毒をはじめあらゆる性病は、1種類でも患うと抵抗力が低下し、他の性病にも罹りやすくなります。梅毒の検査と併せて他の性病の検査も行なうようにしましょう。